不妊治療に確実な治療を提供します


2019年7月21日(日) 03:41 JST

クリニックの歩み

1993/5/6  岡本レディースクリニック開院
1993/6/2 体外受精・胚移植開始
1993/6/23 体外受精・胚移植はじめての妊娠成立
1994/1/6 凍結胚移植開始
1994/7/7 精巣上体精子採取術(MESA)開始
1994/10/26 顕微授精(ICSI)開始
1994/10/31 精巣精子採取術(Simple TESE)によるICSI開始
1994/12/11 ICSIによるはじめての妊娠成立、同時にはじめての出産例
1995/7/20 MESA-ICSIによる妊娠、はじめての出産例
1996/4/5 アシステッドハッチング開始(酸性タイロード液による)
1996/11/14 凍結胚移植はじめての妊娠成立
1997/1/24 クラインフェルター症候群、ICSIにより妊娠成立
(本邦初と思われるが、流産、98年3月28日、再度妊娠成立し出産)
1997/5/1 岡本クリニックを現在地に開院、男性外来開設
1997/9/4 凍結胚移植による妊娠、はじめての出産例
1998/10/18 胚盤胞移植開始
1999/11/23 胚盤胞移植による妊娠、はじめての出産例
2000/2/18 顕微鏡下精巣精子採取術(Micro-dissection TESE)によるICSI開始
2001/6/8 MD-TESEによるはじめての妊娠成立(流産)
2002/8/2 MD-TESE+ICSIによる妊娠、はじめての出産例
2004/4/21 レーザーアシステッドハッチング開始
2004/5/16 レーザーアシステッドハッチングによる妊娠、はじめての出産例

2008/6

2010/9

子宮卵管造影検査用レントゲン診断装置のデジタル化
放射線被曝量を軽減。

抗ミューラー管ホルモン(AMH)の測定を開始

2011/12

4D超音波診断装置最新鋭機種(GE HEALTH CARE社、VolusonS8)に更新
卵子、精子、受精卵観察用顕微鏡および顕微授精用倒立顕微鏡、
精巣精子検索用位相差観察装置を最新鋭機に更新

妊娠率の向上を目指し、培養液を含む
培養条件の設定や胚移植用カテーテル等 の更新改良も、
最新のデータに基づき常に工夫しています。

2013/4/1                生殖医療専門医認定

 

2015/4        日本生殖医学会認定研修施設  

2015/12       《ロッシュ》Cobas e411免疫自動分析装置導入 
                      婦人科・甲状腺・循環器等の
                      専門領域で迅速検査体制の確立

 

 

 

 

| 印刷用ページ