抗ミューラー管ホルモン(AMH)

2013年3月 8日(金) 12:31 JST

抗ミューラー管ホルモン

 

2010年9月より、抗ミューラー管ホルモン(AMH)の測定をおこなっております。

 卵巣で発育している卵胞の数に比例した値を示しますので、血液中のAMH測ることで、卵巣にある卵胞の数

卵巣予備能卵巣年齢)を推測することができます。

AMHは年齢とともに低下しますので、ご自分の年齢に比べて、AMH

高いか低いかによって、排卵誘発方法や、少しでも早く人工授精や体外

受精にステップアップする方がよいかを判断できます。

年齢の高い方、子宮内膜症、子宮筋腫、卵管の炎症(クラミジア感染症)、

子宮や卵巣の手術の既往がある方、あるいは、今までに治療を受けられ、

発育する卵胞数が少ない方など卵巣機能の低下が疑われる方はAMH

の検査をお勧めいたします。

AMHは月経周期に関係ありませんので、ご希望があれば採血させていた

だきます。

コメント (0件)


医療法人昴会 岡本クリニック
http://www.ivf-baby.or.jp/ivf//article.php/20130308123128156