岡本クリニックロゴ 男性不妊、体外受精、顕微授精、IVF、不妊治療に確実な治療を提供します。 不妊治療のご相談は
岡本クリニック 岡本クリニックへのお問合せは電話またはメールで
岡本クリニックトップ 初めての方へ 治療について-岡本クリニックで行う治療について クリニック案内-岡本クリニックの施設案内です。 ドクター&スタッフ 不妊カウンセリング
> HOME > 男性不妊への取り組み
不妊カウンセリング
まずは検査から
女性不妊
男性不妊
ART
当クリニックへのアクセス
料金について
施設・設備
初めての方へ
院長からのご挨拶
情報の伝達・開示
プライバシーについて
フレンドリーな治療方針
テーラーメイドの治療方針
男性への取り組み
妊娠後のケア
ドクター紹介
スタッフ紹介
STAFFのブログ
男性不妊の治療技術も著しく進歩しています。

少し前までは、日本では、赤ちゃんができない原因を一方的に女性に押し付ける風潮がありました。しかし現在、医学の発達により不妊の原因が明らかになってくると、不妊カップルの約50%(男女両方に原因がある場合も含む)が、男性側に原因があるということがわかってきました。それにつれ、“男性不妊”という言葉も一般的に使われるようになり、それに対する診察や治療技術も、著しく進歩しています。

男性不妊の治療には専門医が対応します。

当クリニックでは、男性不妊の治療にも早い時期から着目し、男性不妊の専門家である泌尿器科医とも連携してまいりました。平成9年に大阪大学泌尿器科の協力のもと、男性外来を開設いたしました。男性不妊が疑われる患者さまには、男性外来を受診していただき、基本的な検査・治療を受けていただくことで効果をあげています。
また、専門の医師がいることで、難治性の男性不妊にも、十分に対応できる態勢が整っています。例えば、無精子症(射出された精液の中に精子が全く無い状態)の患者さまに対しても、手術により精巣から直接精子を採ること(精巣内精子採取術)も可能となりました。


さまざまな技術で実績を上げています。

現在では、一個の精子さえあれば、卵子を正常に受精させることもできる顕微受精(卵細胞質内精子注入法)も確立されています。無精子症の方でも、精巣から直接精子を採取できれば、赤ちゃんを授かることが可能なのです。
 また、精巣のごく一部でしか精子が造られないといった患者さまに対しても、顕微鏡を使い、精巣内の良い状態の部分を見極めて、そこから直接精子を採取する特別な方法(顕微鏡下精巣内精子採取術)を用いるなどの対応が可能です。


国内トップクラスの技術をご提供いたします。


これら精巣内精子を採取するための手術は、他の施設では産婦人科が行うケースが多いのですが、当クリニックでは、泌尿器科の専門医(松宮医師、高田医師、辻村医師、宮川医師)が来院して対応いたします。
大阪大学泌尿器科は、顕微鏡下精巣内精子採取術では、国内で最高の技術を持っています。他の施設で精巣内に精子がないと診断された方が、大阪大学泌尿器科に行かれて精子を採取することができたケースも実際に数多くあり、学会でも発表されています。当クリニックでは、こうした男性不妊治療に関する豊かな経験と知識を持った医師が専門であたります。


              
辻村 晃 医師

日本生殖医学会指導医
日本性機能学会専門医


                                     
昭和63年3月
兵庫医科大学卒
昭和63年6月
  大阪厚生年金病院泌尿器科研修医
平成1年7月
  大阪大学医学部付属病院泌尿器科研修医
平成2年7月
  国立大阪病院泌尿器科
平成8年7月
  大阪大学医学部泌尿器科研究生
平成9年8月
  大阪大学医学部泌尿器科助手
平成10年5月
  米国ニューヨーク大学細胞生物学研究員
平成17年1月
  大阪大学医学部泌尿器科講師
平成22年11月
  大阪大学病院准教授
平成23年
  大阪大学病院教授
平成26年
  順天堂大学医学部泌尿器科先任准教授
平成29年
  順天堂大学浦安病院泌尿器科教授

日本泌尿器科学会専門医・指導医、
日本性機能学会専門医、 日本泌尿器科学会評議員、
日本アンドロロジー学界評議員、日本性機能学会評議員、
日本不妊学会評議員、日本生殖内分泌学界評議員、
日本ステロイドホルモン学界評議員、日本性機能学会幹事
日本不妊学会幹事、アジア太平洋性機能学会理事
宮川 康 医師

医学博士(大阪大学)
日本泌尿器科学会専門医・指導医                    
日本生殖学会生殖医療指導医                    
日本性機能学会専門医                    
日本内視鏡学会泌尿器科腹腔鏡技術認定医


平成2年
大阪大学医学部卒
平成2年7月
  大阪労災病院研修医
平成3年7月
  大阪大学付属病院研修医
平成5年7月
  米国国立衛生研究所客員研究員
平成8年4月
  国立大阪病院泌尿器科医員
平成15年4月
  大阪大学医学部泌尿器科助手
平成27年
  大阪大学医学部付属病院病院教授
平成27年
  住友病院泌尿器科主任部長

日本アンドロロジー学会評議員
日本ステロイドホルモン学会評議員
日本生殖内分泌学界評議員
高田 晋吾 医師

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本不妊学会(生殖医学会)生殖医療指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本Men's Health医学会評議員


                  
平成元年3月
徳島大学医学部医学科卒
平成8年年3月
  大阪大学医学部研究科博士課程外科系泌尿器科学終了
平成1年6月
  箕面市立病院 泌尿器科 医員
平成3年6月
  大阪大学医学部泌尿器科学教室研究生
平成3年7月
  市立池田病院 外科 医員
平成4年4月
  大阪大学医学部研究科博士課程外科系泌尿器科学
平成8年1月
  米国国立保健衛生研究所(EICHD/ERRB)リサーチフェロー
平成10年4月
  大阪大学医学部泌尿器科学教室研究生
平成10年6月
  箕面市立病院 泌尿器科医師
平成12年6月
  大阪厚生年金病院 泌尿器科医長
平成16年6月
  大阪大学大学院医学部系研究科器官制御外科学(泌尿器科学)助手
平成19年4月
  大阪大学大学院医学部系研究科器官制御外科学(泌尿器科学)助教
平成19年6月
  大阪警察病院泌尿器科副部長
平成26年4月
  大阪警察病院泌尿器科部長

日本泌尿器科学会関西地方会、日本性機能学会
日本癌学会、日本移植学会
日本アンドロロジー学会、日本結石症学会
日本E&E学会、日本女性骨盤底筋学会
日本内分泌学会、日本ステロイドホルモン学会
日本老年泌尿器科学会、泌尿器科臨床医会
松宮 清美 医師


身体障害者福祉法認定医
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
大阪大学医学博士号取得
日本性機能学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本EE学会腹腔鏡手術認定医


昭和55年3月
大阪大学医学部医学科卒
昭和55年7月
  大阪大学医学部付属病院研修医(研修医)勤務
昭和56年7月
  大阪府立成人病センター医員(研修医)勤務
昭和57年6月
  箕面市立病院泌尿器科医師勤務
昭和61年6月
  国立大阪病院費泌尿器医師勤務
平成3年月
  大阪大学医学部泌尿器科助手
平成8年5月
  University of Hawaii.Queen'sMedical Center 留学
平成9年月
  大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学講師
平成17年1月
  大阪警察病院泌尿器科部長
平成26年7月
  吹田徳州会病院泌尿器科部長

日本泌尿器科学会、日本生殖医学会
  日本アンドロロジー学会、日本癌治療学会
  日本臨床腫瘍学会、日本Endourology-ESWL学会
  日本性機能学会、日本クリニカルパス学会
  日本医療マネジメント学会等
 
 


             
●はじめての方へ
●院長からのご挨拶
●情報の伝達・開示
●プライバシーについて
●フレンドリーな治療の提供
●テーラーメイドの治療方針
●男性不妊への取り組み
●女性不妊
●妊娠後のケア


トップ | 初めての方へ | 治療について | クリニック案内 | ドクター&スタッフ | 不妊カウンセリング |
岡本クリニック 大阪市住吉区長居東3-4-28 TEL:06-6696-0201 soudan@ivf-baby.or.jp